2016年04月29日

こんにちは。受付担当です。

転職回数に関しての質問をチャットで頂きましたので、そのときにお答えしたのをまとめてみたいと思います。

20代は過去1回まで、
30代は過去2回まで、
40代は過去3回まで、を「転職回数フィルター」として決めている求人企業があります。

20代であれば、今回の転職活動で2回目の方までなら書類審査しますが、
20代ですでに3回も4回も転職していたら、その時点で書類審査落選するというものです。

しかし、
そんな求人企業様でも、その候補者がライバル会社に在籍経験があったりすれば
転職回数はどうでもよくて「とにかく会ってみよう」という判断になったりする場合もあり、
必ずしも転職回数だけで評価される訳ではありません。

ここからは
人材紹介会社という業態が
日本ではなくならない理由にも通じる話なのですが、

職場のミスマッチ、本当に多いですよね。

よくあるミスマッチや転職活動の失敗ケースで、
・転職先で面接時の話と異なっていた・・・
・転職先の会社が急激に業績不振になった・・・
・業界内評判は他業界にいては分からなかったが、入社して初めて取引先に業界内評判の悪さを告げられた・・・
というのがあります。

単純な給与アップや潤沢な福利厚生などに惹かれて
安易な動機で転職活動をしてしまい、先の様な失敗に出くわしてしまっても、それは仕方ないよね・・・・
自己責任ですよね・・・。

実際自分がこのケースに出くわしたら
他人話では済まされないです。

私達人材紹介会社としてはもっとたくさんの役立つ情報を情報を
お伝えしていかなければ、

転職ミスマッチや転職失敗のリスクが常にある社会に
私達は暮らしているというのをもっと知ってもらいたいと思います。
安易な転職活動はリスクが高く危険ですね。

高い給与額面のオファーをもらったとしても、
新しい職場は今の職場と会社規模も違えば、業界内評判が違い、強みも弱みも
違います。特に、過去実績がすばらしい優秀な方であればある程、勘違いを起こしやすいトラブルですね。
しっかりと、これまでと同じパフォーマンスが出せる職場環境にあるかどうかの事前検証が大切です。
しっかり検証すらせずに飛びついてしまっては、リスクがあるでしょう。

インターネットも普及して、職業選択の自由もあるので、
自由に会社選びをできる一面もあるのですが、
会社選びの相談はプロにすべきだと思います。

転職活動に失敗しないように、
業界の専門的知識や業界内評判、中長期的な将来動向、求人会社内情に詳しい人材紹介会社との
コンタクトを増やして、担当のキャリアコンサルタントからしっかり情報収集しておくことをお勧めします。

一般的に、日本の会社は、外資に比べて
社員の雇用を守ることを重視します。
一度採用したら、いろいろな配属や、社員のライフプランに関わる部分にまで、会社は考えてくれる面もありますよね。

海外では転職回数に関わらず、
あなたに広くチャンスを与えます、
給与アップも魅力的です。
その代わりに、
入社後、結果が出せず
チャンスを得られなければ、
・・・。となります。

海外では人事部がダイレクトに候補者にアプローチする
ダイレクトリクルーティングが
8割ほどらしいですが、

日本に比べると、ミスマッチした時の
リスクが低い。

日本で転職が当たり前になって約15年、
私達、人材紹介会社は
しっかりとパーソナルな転職サポートを
ますます充実させて、ミスマッチゼロ社会を目指す必要があると感じています。

同業の皆さん、切磋琢磨して参りましょう。


若手専用電験支援サービス

シニア専用電験支援サービス

転職支援サービスに申し込む

サービスの流れ

  • お申込み
  • 面談
  • 求人紹介
  • 面接
  • 内定・入社

求人情報の検索

業種(OR検索)

カテゴリー(OR検索)

年収

〜 

都道府県

キーワードで探す

メインメニュー


BSI