2018年11月14日

2018年12月3日から14日まで、ポーランドで気候変動枠組条約 第24回締約国会議(COP24)が開催されます。本会議では、パリ協定の実施ルールについて合意することが目指されています。各国は、脱炭素社会の実現に向け、全く足りていない現状の行動を引き上げることが求められます。以下の通り、COP24前セミナーが開催されます。興味がある方はご参加下さい(参加無料)

タイトル:COP24前セミナー なぜ日本は石炭火力発電で批判されるのか?
~世界の取り組みと照らして~

日時:2018年11月15日(木) 10:00~12:00 (開場9:30)

プログラム:
1.  世界の脱石炭動向と、韓国の自治体のPPCAへのアジア初の加盟
2. 日本の金融機関や商社の石炭投融資方針の現状と課題
3. 日本国内の石炭火力発電計画の現状と、「2030年フェーズアウト計画」の提言
4. 日本の政府・事業者による海外の石炭火力支援の現状と問題
5. 質疑応答※逐次通訳付き・タイトルなど変更の可能性あり(PDFのチラシはこちら

会場:衆議院第一議員会館 国際会議室 (東京都千代田区)
参加費:無料

お申込みフォーム・セミナー詳細についてはこちらよりご確認下さい。

主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、国際環境NGO FoE Japan、認定NPO法人 気候ネットワーク
共催:CAN-Japan
問合せ:気候ネットワーク
Mail:tokyo@kikonet.org/TEL:03-3263-9210/FAX:03-3263-9463


若手専用電験支援サービス

シニア専用電験支援サービス

転職支援サービスに申し込む

サービスの流れ

  • お申込み
  • 面談
  • 求人紹介
  • 面接
  • 内定・入社

求人情報の検索

業種(OR検索)

カテゴリー(OR検索)

年収

〜 

都道府県

キーワードで探す

メインメニュー


BSI